保湿 おすすめ

保湿でおすすめなのはやはりセラミド

保湿系コスメでおすすめアイテムをご紹介します。肌の保湿でまず重視すべきことはただ一点。

 

保湿ケアをしたい人にとくにおすすめなのが、セラミドを補給してやる保湿ケアです。

 

保湿系コスメでおすすめ品を紹介しているサイトはいろいろありますが、セラミドにふれているところって、案外少ないんですね。

 

なぜか?

 

理由は簡単で、コラーゲンとか、ヒアルロン酸とか、そういったものに焦点を当てたコスメが多いからなんですね。

 

弾力性のある、みずみずしい肌を手に入れるためにはコラーゲンだとか、ヒアルロン酸も重要とか、今時小学生でも知ってるくらいに一般的な知識になってますから。

 

しかし、本当に肌の保湿に悩んでいるのであれば、管理人は迷わずセラミドに焦点を当てているコスメをおすすめします。

 

そもそも、肌の張りっていうのは、真皮のコラーゲンやコラーゲンを覆っているヒアルロン酸で決まってきますが、それらが十分に張りを保つには水分の保持が不可欠です。

 

では通常、私たちの肌はどうやって肌内部の水分を保持するかというと、実は肌の表面にある角質層が、内部の水分が過度に蒸発するのを防ぐことで水分保持を可能にしているわけです(ちなみに外からの紫外線とかの刺激からも守ってくれていて、これらの働きを総称して角質層のバリア機能といいます)。

 

そして、その角質層内にくまなく張り巡らされているのが角質細胞間脂質であり、その主成分がセラミドなんです。

 

セラミドは肌のターンオーバーの課程で作り出されますが、加齢によりターンオーバーの動きは鈍くなり、比例してセラミドの生成量もどんどん減っていきます。

 

セラミドが減少すると肌内部と外部の防波堤ともいえる角質層内の配列が乱れ、肌内部の水分も蒸発しやすくなります。外部からの刺激も内部に入りやすくなります。

 

水分が少なくなった肌は、表面の角質が粉を吹いたようになり(乾燥肌)、外からのかるい刺激にも敏感に反応し(敏感肌)、シワやたるみが発生するようになります。

 

つまり、肌トラブルのそもそもの根本原因はセラミドの不足にあるっていうわけです。

 

ですから、セラミドを肌に補給してやることで乾燥肌とかは確実に改善するはずです。

 

改善しなかったら、セラミドの配合量が少ないか、セラミドっぽいけどセラミドとは似て非なる"疑似セラミド"が使われているかのどちらかしか考えられないと言う専門家もいるくらいです。

 

とにかく、乾燥肌や敏感肌に悩むなら、まずはセラミドを試さないことには始まりません。

 

で、そのセラミドに着目した基礎化粧品でどれがおすすめかといえば、肌がセラミドを生成するのを支援するライスフォースか、ラメラ構造をしたセラミドを配合しているヒフミドか、そのあたりになるわけです。