顔(お肌)の保湿化粧水や保湿クリーム

顔の保湿ならコレを試したい!

美容の専門家の多数が指摘するように、肌の保湿は結局のところセラミドの補強に行きつきます。コラーゲンやヒアルロン酸をいくら補充しても、角質層のセラミドが不十分なら砂漠に水をまくようなもので持続的な効果は期待できません。
当サイトでは、セラミドに着目し、数ある保湿系コスメの中でも特におすすめの3シリーズをご紹介します。

 

 

ライスフォース

 

『試せば試すほどに良さを実感できます!』

 


管理人が一番おススメできるのはこのライスフォースです。600万本オーバーという販売数が示している通り、多くのユーザーが使ってみて「ああ、なるほど!」と納得しています。
ライスフォースが圧倒的な実績を上げている秘密はライスパワーNO.11エキスを配合した保湿美容クリームにあります。従来の、『外からセラミドを補充する』という視点ではなく、『肌自信のセラミドを生成する能力を強化する』という視点に立った保湿ケアを可能にし、保湿に悩む多くの人を救っています。
使ってみた感じですが、悩みの種だった乾燥肌にすっと染み込んでいくローションの感じは秀逸ですし、クリームをつけた翌朝の肌の弾力感には感動しました。多くのモデルさんが支持しているのもよくわかります。
トライアルセットなら5600円相当のものが1890円で試すことができます。
(価格は変動する可能性がありますのでホームページにてご確認ください)

 

>>ライスフォース化粧品のホームページ

小林製薬 ヒフミド


ヒフミドはセラミドを外から補給してやるタイプの保湿コスメです。
セラミドの生成量を強化するライスフォースとは少し毛色が異なりますが、基礎化粧品の世界ではこのヒフミドのように外からセラミドを補給するというアプローチが圧倒的です。

保湿を突き詰めていくと、結局、セラミドに行きあたります。セラミドがしっかり角質層に存在していないと、肌内部の水分蒸発を防げずに乾燥肌になりますし、外からの刺激にも極めて弱い肌になってしまいます。

ヒフミドはラメラ構造をしたセラミドをしっかりと補給してくれるよう作られています。

 

>>小林製薬ヒフミドトライアルセット!送料無料

アスタリフト〜美容ゼリーアクアリスタ同梱

『富士フィルムが持つコラーゲンのノウハウを凝縮したコスメです。』

 


【話題のジェリーアクアリスタもセット!】
テレビCMでも有名な富士フィルムのコスメです。
本来はフィルム会社として世界的な有名な同社ですが、フィルムの技術には美肌に応用できるものが大変多いために本腰を入れて開発されたのがアスタリフトです。
圧巻なのは世界でも屈指のナノテクノロジーを商品開発で駆使している点。そのため、浸透力が非常に高く、リピーターが続出しています。
アスタリフトには、肌表面にとどまって水分をキープするコラーゲン、角質層まで浸透していってコラーゲン補給をするコラーゲン、さらに奥深くまで浸透してコラーゲンを育むコラーゲンと、なんと3種類のコラーゲンが配合されています。
さらに、ナノ化させたセラミドを配合した話題の美容ジェリー『アクアリスタ』もセットに含まれています。
トライアルセットなら1200円そこそこで購入できますから、保湿ケアを考えられているのであれば、まず一度は試してみる価値ありです。

 

 

>>松田聖子のCMで話題!『アスタリフト』

 

 

 

<新シリーズ!>

アスタリフト4次元美白トライアルキット


保湿ケアではなく、美白ケア対応アイテムがアスタリフトシリーズから発売されています。

 

アスタリフトの美白は、肌表面と肌内部の両方にアプローチする"立体的美白ケア"。
シミの生成をコントロールしてしまうという、富士フィルムの技術力が光る新シリーズです。

 

ビタミンC誘導体やアルブチンといった美白の有効成分や、アスタリフトの強みである3種のコラーゲンとナノ技術による圧倒的な浸透力で、保湿のみならず美白までもカバーしてしまいました。

 

詳しくはこちら
プレゼント付♪アスタリフト美白トライアルキット

 

 

 

 

顔の保湿には保湿クリームや美容液をチェック!

顔の保湿をしたくて保湿系基礎化粧品を選ぶ場合、まず知っておきたい肌の仕組みがあります。

 

その1
『肌内部の水分保持や外部からの刺激から守るのは角質のバリア機能』
角質層のバリア機能が正常に働くおかげで、私たちの肌は十分保湿され、弾力のある、みずみずしい肌を維持できます。またバリア機能のおかげで、外部の刺激・・・たとえば紫外線とか、化学成分などの影響を最小限に抑えることができます。バリア機能が維持されないと、肌と外部との防波堤が崩れることになり、肌内部の水分は蒸発して乾燥肌となり、外からの刺激にもすぐに肌が反応してしまう敏感肌になります。

 

その2
『バリア機能は角質細胞間脂質によって保たれている』
角質層は、角質細胞と角質細胞間脂質とで構成されています。角質細胞は20もの層を連ね、その角質細胞の間を埋め支えるように角質細胞間脂質が満たされています。角質細胞間脂質が不足すると、角質細胞は不安定となり、角質層のバリア機能は低下します。バリア機能が低下すると、保湿力も低下します。

 

その3
『角質細胞間脂質の主成分はセラミドである』
角質細胞間脂質の実に50%程度がセラミドです。セラミドは加齢とともに生産量が減少し、40歳前後あたりから肌の乾燥を自覚するようになります。

 

 

つまり、

 

セラミドが不足⇒角質細胞間脂質が不足⇒角質細胞が不安定になる⇒バリア機能が低下⇒肌が乾燥したり外部刺激に敏感に反応する=乾燥肌、敏感肌

 

というサイクルで私たちの顔を中心とした肌は肌トラブルを引き起こします。

 

なので、保湿にこだわるならば、まずは"いの一番"にセラミドを補給してやらないとだめなんです。

 

セラミドが不足したままでいくらコラーゲンやヒアルロン酸を補充してみても、バリア機能が十分働いてませんから、肌内部に浸透させた保湿成分はすぐに蒸発してしまいます。

 

砂漠に水をまいているのと同じことなんです。

 

保湿するならば、セラミドが増えるようなアイテムが必要です。

 

セラミドは性質上、保湿クリームとか、美容液などによく配合されます。化粧水とか、洗顔料とかで顔の保湿状況はまず改善しませんから、その点も注意してください。

 

保湿したいなら保湿クリームや美容液にセラミドが含まれているかどうか、これが重要ポイントです。

 

ちなみに、コスメでよく使われているコラーゲンは人間本来が持っているコラーゲンとは似て非なるもので、いくら外から補充しても、人間が肌内部に持っているコラーゲンとは一体化しません。異物でしかありませんから、保湿したいからといってコラーゲンにばかり目を向けるのはやや見当違いです。


顔の保湿に最適な化粧品をランキング形式でご紹介!クチコミで人気の保湿系化粧品
家に居ながらお金が稼げる!在宅の仕事なら文章買取netがおすすめです。募集は断続的ですので、継続してチェックしましょう。
ライスフォース 化粧品| ライスフォース トライアルキット| ライスフォース 激安| ライスホース化粧品| riceforce| 保湿 化粧水|